スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LaTeXで証明図

本格的にLaTeXを勉強することにした。

現在勉強中の証明図を書く方法はないかと調べたところ、bussproofs.styというスタイルファイルがあるらしい。早速導入。

証明図は横に長くなりやすいので紙を横長にする。documentclassにlandscapeを指定するほか、dvipdfmxコマンドに-lを渡せばいいようだ。

さて、PDFファイルに目次をつけたくなった。なんかhyperrefというのを使えばいいようだが、

\usepackage[dvipdfmx]{hyperref}
と書くとPDFファイルが横長にならない。困って調べていろいろ試した結果、
\usepackage[dvipdfmx,setpagesize=false]{hyperref}
と書けばちゃんと横長になってくれる模様。 なお、これだけだとPDFの目次が文字化けするので注意。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minoki

Author:minoki
好きなプログラミング言語:
Haskell,Lua
GitHubアカウント
Twitter

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。