スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wxStyledTextCtrlでの日本語入力#5

この週末に手許のコードをいじくりまわした。まず、wxWidgetsにテキスト編集時のイベントを追加し、wxOSX/Cocoaからそのイベントを送出するようにした。そしてそのイベントを処理するコードをwxRichTextCtrlの実装に書き足し。とりあえず、入力中の文字列が選択部分になるようにした。

wxRTC-20110619.png

IMから与えられる編集中のテキストには各種attribute(Cocoaの場合、下線の種類と色)がついているが、それをコントロールに伝えてその通りに描画してもらわないといけない。CocoaではNSAttributedString、GTK+だとPangoAttrListが使われているが、wxにもattributeを表現する手段が必要。今回はプロトタイプだと思って適当にでっち上げたが、wxに取り込んでもらうにはもうちょっと考える必要があるだろう。

しかし、いろいろいじってたらバグを作ってしまったようだ。究明はまた今度。

スポンサーサイト

テーマ : プログラミング | ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

応援してます!!
プロフィール

minoki

Author:minoki
好きなプログラミング言語:
Haskell,Lua
GitHubアカウント
Twitter

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。