スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VirtualBoxにArch Linux (x86_64)を入れる

Official Arch Linux Install Guideが必見。

まずダウンロード。archlinux-2009.08-core-x86_64.isoをダウンロードした。sha1sumもチェック。FTPのやつだと最初から最新版が入るのでそっちの方がいいかもしれない。

VirtualBoxで新規VMを作る。Linux / Arch Linux (64 bit)にした。設定のNetworkで、Adapter 2のHost-only Adapterにする。ダウンロードしたばかりのCDイメージをマウント。

起動。Boot Arch Linux Live CDを選択。rootとしてログオン。

# km

でキーボードを指定。i386/qwerty/jp106.map.gzが良さそうだ。Console Fontはよくわからんのでスキップ。

# /arch/setup

インストール開始。Alt+←→とかAlt+F*でコンソールを切り替えられる。

  1. Select Source
    CDROM or OTHER SOURCEを選んだ。
  2. Set Clock
    1. Select region and timezone → Asia/Tokyo
    2. Set time and zone → UTC
  3. Prepare Hard Drive(s)
    1. Auto-Prepare
      全部デフォで/boot、swap、/、/homeを容易。どうせSSHFSでホストに繋いで作業するから関係ない。ファイルシステムは適当にext3にした。
  4. Select Packages
    base-develも選ぶ。baseは基本的に全部入れたがjfsutilsとかreiserfsprogsとかxfsprogsはどう見ても不要なので入れなかった。その他のパッケージで、
    • openssh
    • sudo
    を入れた。
  5. Install Packages
    待つ。
  6. Configure System
    viは使い方が分からないのでnanoを選んだ。
    • /etc/rc.conf
      LOCALEはen_US.utf8のまま。
      eth0="dhcp"の下にeth1="eth1 192.168.56.123…"を追加、INTERFACES=(eth0 eth1)にする。 DAEMONSにsshdを加える。
    • /etc/pacman.d/mirrorlist
      使えそうなサーバを有効にする。
    • Root-Password
      適当にパスワードを設定。
    • Install Bootloader
      Grubを/dev/sdaにインストール。
# shutdown -h now

VirtualBoxでCDROMを取り外してからもう一度起動。

普段使うユーザ(hoge)を作る。なんか下手なことしてるかも

# useradd -m hoge
(-mは自動でホームディレクトリを作るためにつける)
# passwd hoge
# nano /etc/sudoers
(hoge ALL=(ALL) ALLを書き加える)

hogeとしてログオンする。

sshdの設定。

$ sudo nano /etc/ssh/sshd_config
(PermitRootLogin noとかX11Forwarding yesとか好きに設定)
$ sudo nano /etc/hosts.allow
(sshd: ALL と書く)
$ sudo /etc/rc.d/sshd restart

残りの作業はMacのTerminalからsshで接続して行う。

$ sudo pacman -Syu

sshfsを入れる。

$ sudo pacman -S sshfs

fuseがインストールされるので指示に従う。

$ modprobe fuse
$ sudo nano /etc/rc.conf
(MODULESにfuseを追加)
例:$ sshfs [Macでのユーザ名]@192.168.56.1:/Users/[Macでのユーザ名]/*** [mountpoint]

VirtualBoxのGuest Additionsを入れる。
VMのメニュー→Devices→Install Guest Additions…
なぜかマウントできなかったが、rebootするとうまくいった。

$ sudo mount /dev/cdrom /media/cd
$ cd /media/cd
$ sudo ./VBoxLinuxAdditions-amd64.run
$ sudo reboot

これで時計が合うようになった。

後は好みで。

$ sudo pacman -S git
$ sudo pacman -S lua
$ sudo pacman -S libffi
$ sudo pacman -S pkgconfig
$ sudo pacman -S gnustep-core
$ sudo pacman -S gdb
スポンサーサイト

テーマ : OS | ジャンル : コンピュータ

tag : VirtualBox ArchLinux

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minoki

Author:minoki
好きなプログラミング言語:
Haskell,Lua
GitHubアカウント
Twitter

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。