スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stellarium の文字化け

(2010/2/28)この記事の情報は古くなっています。1年近く前の記事なんて参考にしないで下さい。
新しいバージョンになっても相変わらず文字化け。フォントの指定がうまくいっていないようだ。
試行錯誤の結果、起動時のメッセージと星の名前を表示することができた。
まず、Stellariumのデータフォルダ(Macなら~/Library/Preferences/Stellarium/data)に、使いたいフォントをコピーする。
次に、その場所にfontmap.datというテキストファイルを作る。アプリケーションバンドルの中からコピーしてきてもいい。内容は以下。
default	ipamp.ttf	1.2	ipam.ttf	1.2
ja ipamp.ttf 1.2 ipam.ttf 1.2
この例だとIPA明朝ゴシックになる。ja_JPの指定はあった方がいいかもしれないけどわかんね。defaultも指定しておかないと、起動時のメッセージが文字化けしたままになる。
ちなみに、このバージョン(0.10.2)ではconfig.iniのbase_font_nameは指定しても効果はない。惑わされないように。
以下、愚痴など。
  • ソースコードの関係ありそうな場所にqDebug()を挟んで変数の値を表示させ、もう一度ビルドし直すわけだが、前のエントリの最後に書いたように、元の.appを削除しないとうまくいかないっぽくてはまった。
  • StelFontMgr::getStandardFontの引数がlangageNameになっててpgr
  • アプリケーションバンドルの中にフォントをコピーしてもいいんだろうが、バージョンアップ時に消える。
  • フォントを読む前に頭にdata/がつけられるため、絶対パスは指定できない。data//Library/Fonts/someFont.ttfみたいになって失敗し、その記述が無かったことにされる。
  • StelLoadingBarはconfig.iniが読まれる前に初期化されるっぽい。きっとバグだ。
左と下のバーのボタンの説明や、左上に表示される星の説明が一部消える件について。
空と<ここなぜか数文字分開いてる>の<ここも>F4
一部だけ消えるというのが謎。Left/BottomStelBar::helpLabelなんだろうけど、Stellairumの描画がどういう仕組みなのかよくわかってない。
StelGuiItems.cppの中でフォントを決め打ちしているのが問題かと思ったけど、そうでもないらしい。でもどのフォントが使われてるのか気になる。
つーか英語でも起こってないかこれ
Center on selected ob ect  Space
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア | ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minoki

Author:minoki
好きなプログラミング言語:
Haskell,Lua
GitHubアカウント
Twitter

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。