スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook(Early 2008)のHDD換装に一苦労

MacBookのHDD(購入時の160GB)の空き容量が少なくなってきたので、500GBのHDDを買って換装することにした。ついでにSnow Leopardも買った(今さらかよ)。

ネットで調べるといくらでも手順などの情報が見つかるので、苦労するはずはないと思い、取りかかったのだが、苦労しまくりだった。

最初は(インストールDVDの)ディスクユーティリティを使い、元HDDから新HDDに「復元」しようとしたが、

  • 途中で固まる
  • 途中で固まる
  • 完了後起動して、アクティビティモニタでディスクの空きを見たら、空きが前と変わっていない。容量は増えてるのに。

というわけで失敗。直接コピーがダメなら今度はTime Machineだ、と思ってTime Machineでの復元を試みる。その結果、

  • 途中で固まる
  • うまくいったと思ったが起動しない。インストールDVDのターミナルで様子を探ってみたところ、なんとTime Machine用のHDDにファイルが復元されていた。どういうことだ。

ひょっとしてMacBookに付属したインストールDVDはバグ持ちなのかと思ってSnow LeopardのDVDから起動してみることにした。光学ドライブから異音がするんだが大丈夫か。Time Machineを使って復元したところ、どうやら成功。もしこれでだめだったら、OSをインストールしてからTime Machineにしようかと思ったが、その必要はなかった。

ここまで昨日までの数日の話。こういうのは平日にやるもんじゃないな。時間がたっぷり取れる休日にやるべきだ。さてこれからSnow Leopardをインストールするか…

スポンサーサイト
プロフィール

minoki

Author:minoki
好きなプログラミング言語:
Haskell,Lua
GitHubアカウント
Twitter

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。